いろいろやるお

「やる子さんのねこデザイン」をやっている人

GIT導入方法(source tree)

会社でGITを導入してみた。調べた結果source treeなら簡単にできそうなので、source treeをインストール。その後、ひたすらスキップしてGITを始めたわけだが、ローカルリポジトリなら誰でも作れる。

しかし、こちらはリモートリポジトリを作って複数人データを共有したかった。リモートリポジトリ、いる。ということで作ることにした。リモートリポジトリを作るサーバは既存の「さくらインターネット」で作る。SSHのソフト、Puttyの日本語版も必須。

試行錯誤した末に接続できるようになったので、やり方をメモしておく。(windows

何か余分にやっている動作もあるかもしれないが、そこらへんはおいといて。

どうしてもできない!無理!という方向け。できなくてもしかたない。

まずはPuttyをインストール。 puttygen.exeで公開鍵、秘密鍵を作成する。generetaボタンを押し、作成中らしき画面でマウスをぐりぐりするのが大切です。進まない。パスワードを決め、keypassphrase、commphreseに入力。savepublickey(公開鍵)、saveprivatekey(秘密鍵)をそれぞれ押して、ファイルを作成。

sourcetreeを開いて、ツールSSHエージェント…をクリック。ウィンドウズの下の文字とかサウンド音量変えられるところにpageantとかいう、パソコンが帽子かぶったようなアイコンが出てくる。クリックして、秘密鍵を登録。パスワード入力。

その後、再びPuttyを開く。 日本語版ならPuttyjp.exeか。最初のホスト名、のところにおそらくドメイン名をいれておく。セッションに保存しておく。開いたら黒い画面が出てくる。びびる。

mattintosh.blog.so-net.ne.jp

黒い画面が出たらここのサイトにいこう。ここに書いてあることを見よう見まねでやった。「$HOME/.cshrcの編集」までやっておけばOKだったと思う。

後々、も一回puttyを立ち上げ、左のカテゴリのSSH、認証をクリックし、認証パラメータの参照を押して、秘密鍵を登録しておく。

後FTPのソフトで(puttyを使いこなせていない)サーバに「git」というディレクトリがあるのを確認した後「ssh」というディレクトリに公開鍵を貼り付けておく。(いるのだろうか)

再び、sourcetreeにもどり、おそらくリモートリポジトリが作れると思うので、新規作成。

保存先のパスだが、

ssh://ユーザー名@ドメイン(IP):ポート番号/リポジトリパス

を入力する。リポジトリパスとは、FTPのアドレスというべきか。home/…からはじまるやつ。

ポート番号は

210.188.224.9
210.224.172.13

のどちらかだと思う。

入力してパスワードを入力しろ的な画面が出たらビンゴです。サーバのパスワードをいれればリモートリポジトリができているはず。

 

celtislab.net

ここを見てさらに知識を深めようと思う。